FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
『イッツ・オンリー・トーク』
2006年07月14日 (金) | 編集 |
by絲山秋子。を読んだ。
先日観た映画『やわらかい生活』の原作ということで読んでみた。
感想は…うーん、映画の方がいいなぁ。
原作ではあまりぱっとしなかった従兄弟の祥ちゃんを、映画ではメインに据えたのが成功だった気がする。
原作では合意の痴漢の方が、主人公優子の心にふれることが出来た人物として描かれているように感じたが…。個人的には、やっぱり祥ちゃんの方が好き。
映画の感想レビューなどを読んだ時は、原作と映画が相当異なっているような印象を受けたが、実際に読んでみると、映画と原作は意外なほど近かった。どちらにも共通しているのは、乾いた感じ。
原作では細かく章分けされていたので、かえって映画には向いている書き方だったのかもしれない。
それにしても寺島しのぶだよな。原作の優子はあまり躁鬱病に関する描写がなく、それゆえにちょっと共感しがたい部分もあったのだが、映画の優子には共感できたから。それは、映画の脚本もあるとは思うが、やはり寺島しのぶの演技によるところが大きいと思った。
役者って、すごい仕事だよなぁぁぁ…。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック