FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
男の怖さ
2009年02月16日 (月) | 編集 |
友人宅を訪問した時、酔ったダンナが子供たちを叱った。
というより、不快になった感情を子供たちにぶつけて「怒った」。
私は彼の怒鳴り声に、びくっとして固まった。自分が怒られているように、胃袋が縮こまった。怖かった。不快だった。

今の私の周りは優しい男性ばかりだから、「男の怖さ」ってものをすっかり忘れていた気がする。
大人の男って、力も強いし、背も高いし、怒鳴るだけで背筋が凍るくらい怖いんだって、あらためて思った。
特に弱者である子供に対してそれが発令されたのが、不快でもあり恐怖でもあった。DVって、あんなかんじ?
それでもツマは平然としていた。夫婦って、すごい。
いや、彼も友達としてはイイヤツだし、酔っ払ってなければ感情的になる男でもないのだ。
しかし世の男がみんなヤツのように怖いんなら、今後私は男性と付きあわなくてもいいわ、くらいにトラウマになった気がする。

だけど、ウチの教科主任や同僚たちをみていると、とても怖い男に豹変するとは想像できない。同じ男でも違うんだろうか。うーん、わからない…。

ともあれ、「男の怖さ」について考えてしまった今日の日だった。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック