FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
学校という不思議の場
2009年03月13日 (金) | 編集 |
今日は年度末の学年集会があった。
学年主任や、学習指導担当や、生活指導担当からのお話があったわけなのだけど。
うーむ、と考えてしまったよ。
生徒ってのは、たくさんのことを要求されている生き物なんだなー、と。
私がもし生徒だったら、あれだけ多くの要求に応えることができるだろうか?とか思ってしまった。
私は基本的に他者の期待に応えようとしてしまう人間なので、あれに全て応えようと努力したら…こりゃ相当キツイな~。
まあ、生徒全員が私のように生真面目な人間じゃないから、適当に聞き流しているんだろうけど。
そいでもって、話をしている教師も自分の話していたことを100%実践しているかといえば、これも疑問で。
教師ってのは、理想を語る商売なんだなー、というのもあらためて思った次第。
理想を語っているんだけど、語っている時はそれが真実なんだよねー。それも自分が教師だから、よーく分かっている。生徒にも真剣に聞いて欲しいし、実践して欲しくて語っているわけで。
そういう生徒と教師が共存している「学校」ってのは、やっぱ、不思議な空間だなぁー。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック