FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
人事を尽くして天命を待つ
2009年03月18日 (水) | 編集 |
ここ数日私に起きている、来年度人事に関するバタバタだが…。
まったく同じことが保健の先生にも起こっている。で、彼女と情報交換をしたりしているのだけど。
笑ったのが、養護教諭である彼女にも「休職か図書館か」という選択を迫っているということ。図書館は姥捨て山かっつーの。管理職は図書館の仕事をバカにしているよなぁ。
彼女は「私を辞めさせたいってのが見え見え。今日、弁護士のとこに行って話をしてこようと思って。辞めるんなら、最後に校長に泥つけてやる!」とカラカラ笑って言った。
すごいなー、弁護士かぁ。思いも寄らなかったよ。

でも私も、結構どうでもよくなってきた。
明日、手紙を持って脳みそ病院行って診断書書いてもらって、学校行って組合と話して、校長に診断書見せて。やるだけのことやって、それでも「休職か図書館か」の二者択一だって言うんなら、もう、一年間休職したっていーやぁー。
やや捨て鉢な気分。なんか、あの管理職相手にエネルギー使うのがバカバカしくなってきた。
来年度はもともと演劇のワークショップに参加するつもりだったし。一年間休職となったら、それに精出して、更に旅行にでも行きまくるか~ってなもんよ。
わははー、だ。
自分にできるだけのことをやったら、あとは天命を待つ。そうすることにした。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
No title
外堀から…なかなか管理職も姑息ですね。



あと藤臣先生のブログにあったあかねさんからのコメント、聞き流してください。公務員や教師は厚遇されているというのはやっかみです。一部キャリアが高給取りで、現場の人間は法律規則でがんじがらめでこき使われているのです。



サービス残業の実態を労働基準監督署に訴えても握りつぶしです。認めようもんなら国家財政破綻です。それに民間企業の方がよっぽどいいかげんという話もあります。



まあ藤臣先生のブログに書いても炎上する恐れがあったのでやめました。



どういう選択をされようと、後悔のないようにしていただきたいと思います。
2009/03/18(水) 22:25:00 | URL | よしお #79D/WHSg[ 編集]
No title
よしおさん、コメントありがとうございます。炎上のご心配までしていただき、感謝であります。

あのコメントは拝見しましたけど、世間ではそう思われているんだなーとしか思いませんでしたので、ご安心を。厳密に言うと、ウチの学校は私立なので私は公務員じゃないし(笑)

とりあえず今日は、決戦の木曜日です。

午前2時には目が覚めてしまい、ずっと起きています。我ながらストレス耐性低いなーと思います。

9時になったら主治医の先生のところに行ってきます。どんな診断書を書いてくださるか、それを管理職はどう読むのか、今は半ば傍観者のような心境ですね。

報告は、今晩のブログでいたします。
2009/03/19(木) 08:07:00 | URL | みやぢ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック