FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
『チーズスイートホーム』
2006年08月23日 (水) | 編集 |
01b7c41b.jpg今日と明日は連休。夏休みの宿題も無事終わったので、この連休は完全off。そこで本屋に立ち寄って、雑誌2冊・文庫2冊・漫画4冊を衝動買いした。
そのうちの一つ、『チーズスイートホーム』byこなみかなた。
親兄弟とはぐれた子猫「チー」が拾われて、ペット厳禁のマンションに住む一家とくりひろげる日常を描いた漫画。
猫漫画というだけで顔がにやけてしまうのだが、この作品は良かった。
オールカラーのイラストはほんわかとした色合いで、見ているだけでなごむ。
それに何と言っても「チー」の表情がいい!
子猫らしさ全開で、非常にほほえましく読んだ。
読んでいて、なぜだか涙が出てきた。いかんなぁ、この頃涙腺弱くて。
漫画なのだが、絵本を読んでいるような気分になった作品だ。

もう1冊買った猫漫画『ゆず』も良かった。こちらはポイントポイントで爆笑。猫を溺愛する作者の気持ち…よく分かるよ、うんうん。
で、作者がどれだけ愛情を注いでも、「ゆず」がつれない(というか感じていない)のが、また猫らしくて良い。

文庫は加納朋子の『掌の中の小鳥』と、アラン・カーの『禁煙セラピー』という本を買った。
加納朋子さんの本は、はずれがないだろうという読み。
『禁煙セラピー』の方は、私の友人がこの本で禁煙したとのことで、試しに買ってみた。私個人としては別に禁煙しようがしまいが、どちらでも良いのだが…。

ともあれ、最近は読書中毒になっているので、手元にまだ読んでいない本があるというだけで安心する。これから読むのが楽しみである。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック