FC2ブログ
いつの間にやら毎日更新。着物と猫と料理と映画&芝居&ライブ・ときどき旅をメインに、日々の記録を積み重ねています。
ASOBO塾1
2009年06月14日 (日) | 編集 |
いよいよ演劇ワークショップが始まった。
まずは開講式ということで、主催劇団の皆々様のご挨拶、塾生の自己紹介があった。
このワークショップは今年で第4期になるのだが、参加塾生は第3期から、第2期から、なかには第1期からのリピーターの方がほとんどで、今期が初めてというのは私を含めて4名だけだった。びっくり。
私にとってはもう20年来のおつき合いの劇団である。劇団員の皆様とも、有り難いことに顔見知りで、私の名前も覚えてくださっている。それでも、普段ステージの上で輝きを放っている役者さんと、身近に接するというのは緊張するものだ。
私は皆様のご挨拶の段階から、なぜだか涙が出て仕方なかった。
開講式のあとの講義でも泣けて泣けて仕方なかった。なんか、大学時代にロール・プレイングの講義を受けた時と同じ感覚を味わった。
その後、様々なシチュエーションで「歩く」というのをやった。塾長が「芝居しないで」とおっしゃるのが印象的だった。
瞬く間に時間が過ぎて、今日のワークショップはお終いになった。
塾長に「みやじ、よく泣いてたね。張り詰めていたものがゆるむと涙がでてくるんだよ。だから、いいことなの」と言われ、また涙が出てしまった。
よく泣いた3時間だった。
次回2週間後。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック